徹底した高級感を追求するお店

どんなことでも、料金に対するサービスの質は比例していると思う。特に、接客業において、「高かろう悪かろう」という言葉はごく一部にしか見られない。なぜなら、そんなサービスをしていれば、顧客がつかないからだ。私がデリバリーで利用するのは、銀座にある店舗で、そこはいわゆる「高級デリ」。ちょっとやそっと気軽に頼める金額ではないけれど、女の子は超がつくほどの美人揃いだし、店員の対応もしっかりしているから安心して使える。韓デリなんかは安いけれど、女の子がプレイ時間をごまかそうとしたりするって聞くから、気持ちよく遊ぼうと思ったら、それなりのお金は払うべきだというのが持論。他の高級デリはわからないけれど、僕のお店は割引イベントの類は一切やらないという経営方針なんだとか。以前、店長に聞いた話を要約すると「割引して当店の高級感を損ないたくない」んだそう。徹底してるなと思った。ただし、ポイントカードで溜まったポイントに応じて、有料オプションが無料で付けられたりするので、ついつい通ってしまう。ほかにも、ごくまれに10分サービスチケットをもらえることもあるので、足繁く通うのが一番のお得になるのだ。

あわせて読みたい記事